関興寺(かんこうじ)
新潟県南魚沼市にある臨済宗円覚寺派寺院である。本尊釈迦牟尼仏
応永17年(1410上杉憲顕の子、覚翁祖伝の開基。最初は、関興庵と称する。
上田長尾氏上杉氏の庇護を受け栄える。しかし、永正9年(1512)に兵火に
遭い伽藍焼失、翌年再建するも
天正5年(1578御館の乱により焼失。
天正14年(
1586上杉景勝により再建されるが、再び文禄3年(1594)火災
となり、以来寺は衰退し、
慶長5年(1600)上杉景勝が出羽国米沢に移封される
と同地に移った。
寛永6年(1629)、またも火災に見舞われ、寺は衰退の一途をたどる。寛文年間、
現在の地に移り、関興寺と改める

雲洞庵の土踏んだか、関興寺の味噌舐めたか」といわれた。御館の乱の折り、住職
雨天是鑑は、上杉氏寄進の大般若経600巻を味噌桶の中に埋めるよう修行僧に指示
し、戦火から経文を守った。よって、「味噌舐めたか」の言葉が生まれた。

                                  にいがた観光なびより


          バスから降りたら吹雪でした

      紅葉狩りに出かけて冬の吹雪に見舞われました


                          
キキ                          トップペ-ジへ