北海道の旅       名古屋港から苫小牧港まで

       2017年6月21日〜7月3日までの13日間北海道の旅へ出かけ、道東・礼文・利尻島
        を(島は観光バスで)約3,000q以上を走行し夏の北海道の旅を楽しみました。
       名古屋〜仙台〜苫小牧迄2日間往復4日間フェリーでの旅でした。

       太平洋フェリー(たいへいようフェリー)

知県古屋市中村区に本社を
置く
日本海運会社。
名鉄グループ傘下で、名古屋 -
仙台 - 苫小牧間において定期
航路(
フェリー)を運航している。

ファンネル(煙突)のマークは、
「太平洋」と「フェリー」の頭文字、

TFを重ね合わせたものである。
 
1970、長距離フェリー開設ラッシュのなかで名古屋鉄道社長で名古屋商工
会議所
会頭の土川元夫の提案により名古屋財界が中心となり「太平洋沿海フ
ェリー
」を設立。
その後2度の
オイルショックで経営難に陥り、1982に経営改善の為に新たに
「太平洋フェリー」を立ち上げ、営業権を引き継いで現在に至る。
充実した個室や設備等により、船旅を扱う雑誌などでトップクラスの評価を得
ている。また、ピアノの演奏やコンサート等のイベントなども運航毎に行われ、
船長の
トークショーなど珍しい企画も行っている。福島県沖での僚船との対航
のさい、極めて接近して行き違うのも乗客へのサービスのひとつである。

               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
   
    
第1回
6月21日
〜23日
    フェリー北海道行
     (名古屋〜仙台〜苫小牧港)
第2回
6月23日
  富良野・美瑛
第3回
6月23日
〜24日
   占冠・士別
第4回
6月24日
    サロベツ湿原
第5回
6月24日
    稚内港・礼文島1(香深港)
第6回
6月25日
    礼文島.2
第7回
6月25日
    礼文島.3
第8回
6月25日
    礼文島.4
第9回
6月25日
    利尻島.1
第10回
6月25日
    利尻島.2 
第11回
6月26日
    稚内市 北防波堤ドーム
     氷雪の門・納沙布岬・宗谷岬
第12回
6月27日
    網走・流氷会館
第13回
6月27日
    小清水原生花園
第14回
6月27日
    知床五湖
第15回 
6月27日
     オシンコシンの滝
 第16回
6月28日
      屈斜路湖
 第17回
6月28日
     阿寒湖まりも
第18回 
6月28日
     納沙布岬
 第19回 
6月28日
     サロマ湖
     ワッカ原生花園
 第20回
6月29日
      釧路湿原.1 丹頂鶴
 第21回
6月29日
       釧路湿原.2展望台
 第22回
6月29日
     襟裳岬夕陽
第23回 
6月30日
      白老町.1 ポロトコタン
第24回 
6月30日
      白老町.2アイヌ民族博物館
第25回 
6月30日
     函館市・五稜郭・大沼公園
第26回 
7月01日
     小樽市・運河・歴史景観
第27回
7月01日
     札幌 時計台・道庁
第28回 
7月01日
     札幌 北海道大学植物園
第29回  
7月01日
     札幌 大倉山ジャンプ競技場
         羊が丘
第30回
7月01日
 03日
     フェリー 帰路
     (苫小牧港〜仙台〜名古屋)