北海道の旅             屈斜路湖

屈斜路湖(くっしゃろこ)

北海道東部、弟子屈町にある自然である。日本最大のカルデラ湖、全面
結氷する淡水湖としても日本最大の面積を持つ
。昭和9年、全域が阿寒国立
公園
に指定された。

藻琴山、サマッカリヌプリなどを外輪山とする東西約26km、南北約20kmの日本
最大のカルデラである屈斜路カルデラの内側に約3万年前に形成された
日本の湖沼では6番目の面積規模を有し、平均水深は28.4m、カルデラ湖とし
ては浅いほうだが、和琴半島東岸の旧噴火口にある最深部では117mになる

湖中央部には、日本最大の湖中である中島(面積5.7km2、周囲12km)が浮
かぶ。中島は直径約1.4kmタフリングを持っており、その中に貫入している
溶岩円頂丘が最高点(355m)となっている。南岸には和琴半島が突出する。
中島と同様、火山の山頂が湖中島になったものであったが、尾札部川の扇状地
から成長した砂州により陸繋島となった。

周囲から小河川が流入し、南端から釧路川が流れ出す。河川からの流入は、
湖に入る全水量の20パーセントほどで、残りは地下から湖底に入っている

道北にあるクッチャロ湖とは、呼び名が似ていることから混同されがちであるが、
全くの別物である。ただし、語源は同じである。
アイヌ語kut-char(沼の水が流れ出る口))

               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


            美幌峠から屈斜路湖
 


                   トップページへ