北海道の旅       礼文島

礼文島4(れぶんとう)

北海道の北部、稚内の西方60キロメートルの日本海上に位置する礼文郡礼文町
属する島。

地名の語源はアイヌ語レプン・シ?=repun-sir(沖の・島)で、礼文水道を挟んで
利尻島
の北西に位置する。冷涼な気候により海抜0メートル地帯から200種類以上の
高山植物が咲き乱れているため、別名花の浮島と呼ばれている

人口は2017
平成29年)41日現在、2,604

日本最北端の有人島(北海道本土や北方領土を除く)。東西約7.9km、南北約25.8km
周囲約72kmスコトン岬と金田ノ岬の間に直径5kmの半円形の船泊湾がある。
最高地点は礼文岳(標高490m)。スコトン岬の北方約1kmにはトド島と呼ばれる小島
がある。

海蝕崖、低標高の寒地であり、高山性植物群落が見られ、地形は周氷河地形である。
丘陵性地形の離島である。島の北部と南部に標高100m前後の
第四紀更新世の海岸
段丘が見られる


               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

礼文島で見た花


                    トップページへ