北海道の旅      サロベツ湿原

サロベツ原生花園
独特の植生が豊富に見られることから、一部の区域は特にサロベツ原生花園と呼ば
れることもある。湿原の規模は200平方kmにも及ぶ広大なものである。
200511月8にはラムサール条約に登録された。


サロベツの地名はアイヌ語の「サル・オ・ペツ」(アシの生える川)に由来する。
上サロベツ原野と下サロベツ原野に分かれ、後者は利尻礼文サロベツ国立公園
特別保護地区であり、ペンケ沼、パンケ沼といった沼地が点在する。泥炭性の低湿
であり、海岸砂丘とその背後にある宗谷丘陵によって阻まれた潟湖が、泥炭による
長い堆積作用によって形成された。


また、国指定サロベツ鳥獣保護区(集団渡来地)に指定されている(面積2,560ha
全域が特別保護地区)。


観光施設として豊富町内にサロベツ湿原センター(みやげ物売場、食事施設併設)が、
幌延町内に幌延ビジターセンター(近隣に無料展望台あり)がある。


               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


     天気の良い日には「利尻富士」の姿を見る事が出来る

                    トップページへ