下呂温泉合掌村(げろおんせんがっしょうむら) 

岐阜県下呂市にある博物館類似施設(野外博物館)
下呂温泉でもっとも規模の大きい観光施設。飛騨地方の生活文化が体験できる。 

下呂市の直営で、公営企業法(財務)を適用している。下呂温泉でもっとも規模
の大きな観光施設である。 村内は「合掌の里」「歳時記の森」の2つのゾーンで
構成されている。
「合掌の里」には重要文化財「旧大戸家住宅」を中心に白川郷、五箇山から移築
保存された合掌造り家屋10棟が点在し、飛騨地方の民具の展示などがされている。
山手には下呂花見山「歳時記の森」がある。村内には四季の山野草などが植えられ、
飛騨の自然が感じられる。また、陶芸や陶器の絵付け・手びねり、和紙の絵漉きも
体験できる。

旧大戸家住宅(重要文化財) 

旧所在地は大野郡白川郷御母衣村字上洞(現・大野郡白川村御母衣)。
天保4年(1833年)から弘化3年(1846年)まで13年の歳月をかけて造営されたと、
棟札に書かれている。釘やカスガイ類をまったく使わず、荒縄やネソなどで木材
を固くしばり、組み立てられている。間口21m、奥行き12.3m、高さ13mと合掌造
りでは最大級の規模を誇る。

白川郷一円の民家は、南部の荘川地域は飛騨高山の系統に属し入母屋形式が多く、
白川村及びその以北は主に切妻作りで、越中の職人によったものが多い傾向です。
旧大戸家住宅もこれらの手によって造営されたことは棟札により明らかです。
また、造営時の家族は19名を数え、その内3分の2が女性で、その身分は明らかでは
ありませんが養蚕を営むには好都合であったといわれています。

旧大戸家住宅は、平沢勝栄氏(衆議院議員)の生家でもあります。
旧大戸家住宅に附属する板倉は、御母衣遠山家(重文)のものを同時に移築したもので、
この建物は文化7(1810)年の造営に成る3間4面の総釿ばつりの板倉です。
1階の柱には「文化七加能ゑ(注:庚)午年三月朔日 大工 伊八 定八」の墨書が、2階
の窓の板戸内側には「弘化三ひのゑ馬年十月やねふきかえ仕也」の墨書があります。

               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

                       トップページへ