下呂温泉 

歴史は古く、江戸時代より湯治場として栄えてきた下呂温泉は草津、有馬と並ぶ
日本三名泉のひとつ。
泉質はアルカリ性単純泉。肌になめらかな独特の感じがある下呂の湯を楽しみに、
年間多くの人が訪れている。白川郷より移築した合掌造りが点在する「下呂温泉
合掌村」。春〜秋には、「いでゆ朝市」も開催されている。
下呂のお湯は泉温、84度という高い温度で湧いている正真正銘の天然温泉。
泉質はアルカリ性単純泉、無色透明、ほのかな香りととてもまろやかなお湯。
お肌に優しくからんで、絹のようにスベスベにしてくれます。
下呂温泉では良質な温泉を将来にわたって安定供給するため、温泉の集中
管理システムを導入しており、ずべての加盟旅館で同じ泉質の源泉にご入浴
いただけます。
 昔の話として、薬師如来が傷ついた一羽の白鷺に姿を変え、飛騨川で傷を癒し、
源泉のありかを村人に知らせたと伝えられている下呂温泉。

               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


      桜の季節になれば下の写真の様に桜の名所に

                       トップページへ