岐阜城 2 (ぎふじょう) 

岐阜県岐阜市(旧・美濃国井之口)の金華山(稲葉山)にあった日本の城(山城跡)。
織田信長が、斎藤龍興から奪取した稲葉山城の縄張りを破却して、新たに造営した
ものが岐阜城である。城跡は岐阜城跡(ぎふじょうあと)として金華山と、その山塊の
2,091,602.74平方メートルが国の史跡に指定されている。その範囲は、現在の
国有林の範囲に符合する。
『信長公記』に、「尾張国小真木山より濃州稲葉山へ御越しなり。井口と申すを
今度改めて、岐阜と名付けさせられ」と記載されている。稲葉山(井口山)からの
続きが瑞龍寺山という。

山城。京都に対して東の要所に位置し、急峻な山容の金華山からして難攻不落
の名城として知られているが、内部からの裏切り(竹中重治)や籠城時点で兵力
が少なかった(賤ヶ岳、関ケ原の時)などの理由で歴史上5回の落城にあっている。
山頂部は痩せ尾根を切り開いたり石垣で郭を造成してはあるが、基本的に平坦面
は少ない構造となっている。
織田信長時代には、山頂部には信長の家族や人質が暮らしていたことが、1569年
(永禄12年)来岐した宣教師ルイス・フロイスの書簡から伺える。
その構造は斎藤道三時代に遡るだろう。岐阜城は小牧城、安土城と同じく、城下
町を見下ろす景観に優れる。道三時代までは戦国期の典型的な詰城であった、
信長入城からは戦いの為の城でなく、基本的に城主の居住空間であり、見せる
城であった。

               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

                       トップページへ