クロード・モネ
(Claude Monet , 1840年 11月14日-  1926年
12月5日 ) 印象派 を代表するフランス の 画家。
 1840年、パリで生まれたが、5歳の頃から少年
時代の大半をノルマンディー地方のル・アーヴル
で過ごした。絵がうまく、人物のカリカチュアを描い
て売るほどであったが、18歳の頃、風景画家ブー
ダンと知り合い、戸外での油絵制作を教えられた
(→ル・アーヴル(少年時代)。
1859年にパリに出て、絵の勉強を始め、ピサロ、
シスレー、バジール、ルノワールといった仲間と知
り合った(→画塾時代)。
1859年にパリに出て、絵の勉強を始め、ピサロ、シスレー、バジール、ルノワール
といった仲間と知り合った(→画塾時代)。


1890年代、自宅に「花の庭」と、睡蓮の池のある「水の庭」を整えていったが、1898
年頃から、睡蓮の池を集中的に描くようになった。
1900年までの「睡蓮」第1連作は、日本風の太鼓橋を中心とした構図であったが、
その後1900年代後半までの第2連作は、睡蓮の花や葉、さらに水面への反映が
中心になっていき、1909年の「睡蓮」第2連作の個展に結実した。その間、ロンドン
を訪れて国会議事堂の連作を手がけたり、1908年に最後の大旅行となるヴェネツィア
旅行に出たりしている(→「睡蓮」第1・第2連作(1900年代))

モネの池(モネのいけ) 

岐阜県関市板取の根道神社参道脇にある貯水池。高賀山の伏流水を利用して
1980年頃に灌漑用に整備された。モネの池は通称であり正式な池の名称では
ない。地元では根道神社の池もしくは単に池と呼んでいる。
1999年、池は雑草が生い茂っていたが、近くで花苗の生産販売をする「フラワー
パーク板取」の経営者、小林佐富朗氏が除草を行い、スイレンやコウホネを植えた。
また、池で泳ぐコイは地元住民が自宅で飼えなくなって持ち込んだものであり、観光
目的で作られた池では無く、偶然が積み重なってクロード・モネの後期の睡蓮連作
群と似た池となった。
池の大きさはテニスコートよりも少し大きい程度である。また、常に湧き水が流れ込み、
湧水池となっている。このため年間水温がおよそ14°Cで一定となっており、冬に咲
いた花は枯れにくくコウホネが冬に咲くと、黄色→オレンジ色→赤色と色が変化する。
また、日差しの傾き、池の水量によって池の水の色も変化する。

 
池の透明度が高い理由は、高賀山の山体が流紋岩類で構成されており、そこからの

また、2016年には東海地方の観光地を紹介する情報誌にも掲載されるとともに、新聞、
テレビニュースでも取り上げられた。また2016年5月には板取地区の愛好家で作る板取
錦鯉振興会が稚魚から育てたニシキゴイを提供した。この年の5月のゴールデンウィーク
中には1日平均約3000人の観光客が訪れ、国道256号線が15kmにわたり渋滞し、
警察が出動して交通整理を行った。

  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

          トップページへ