大垣城(おおがきじょう)1

岐阜県大垣市郭町にあった日本の城平城)。麋城(びじょう)または巨鹿城
(きょろくじょう)とも呼ばれる。
宮川氏築城当時は、牛屋川を外堀の代わりに利用し本丸と二ノ丸のみであっ
たという。氏家氏、伊藤氏によって改築が加えられたとされ、1613年(慶長18年)
には石川忠親によって総堀が加えられ、松平忠良天守を改修した。
その後1649年(慶安2年)に 戸田氏鉄によって明治に至る姿とされた。

戸田氏改修後は並郭式に本丸と二ノ丸を並べ、その周囲を三ノ丸で囲い、更に
外周は惣構としていた。
本丸には北西隅に4重4階(3重4階とも)の複合式層塔型天守を上げ、3重櫓1基
に2重櫓を3基、二ノ丸に月見櫓など3重櫓を4基、三ノ丸には2重櫓4基、平櫓1基
などが建て並べられ、本丸に2つ、二ノ丸に1つ、三ノ丸に大手門など大小5つ、
外郭に南大手門など大小7つの門が開かれていた。

また、東総門から西総門にかけて、総堀の中の郭を美濃路が抜けていた。
本丸を取り囲んだ腰曲輪の櫓。本丸とともに旧国宝になったが、戦災で焼失した。
後鉄筋コンクリート造で復興した

               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


                東門(大小性多門跡)

               昔の石垣の跡

               天守閣から見た大垣の街

            昔の大垣城

                       トップページへ