出雲大社(いずもおおやしろ)
  正仮名遣いでは「いづもおほやしろ」/ いずもたいしゃ)は、
島根県出雲市大社
  町杵築東にある神社式内社神大出雲国一宮で、旧社格は官幣大社。

  現在は神社本庁包括に属する別表神社宗教法人出雲大社教の宗祠。

   古代より杵築大社(きずきたいしゃ、きずきのおおやしろ)と呼ばれていたが、
   1871(明治4年)に出雲大社と改称した。正式名称は出雲大社サイトには
   「いづもおおやしろ」、出雲大社東京分祠サイトには「いずもおおやしろ」とある
   (前者は新旧仮名遣いが混在、後者は新仮名遣い)。
   一般的には「いづもたいしゃ」と読まれ、複数の辞書・事典でも読みがなは
   「いずもたいしゃ」となっている。

   二拝四拍手一拝の作法で拝礼する。明治維新に伴う近代社格制度下において
   唯一「大社」を名乗る神社であった。
   創建以来、天照大神の子の天穂日命を祖とする出雲国造家が祭祀を担ってきた。
   現在の宮司は84国造千家尊祐で、國學院大學を卒業後太宰府天満宮を経
   て出雲大社禰宜→権宮司と昇格すると、2002平成14年)宮司に就任し翌年
   神社本庁より神職身分特級を拝受している。
   また、宮司の正服の紋様は神社本庁の定める黒綾文輪なし裏同色平絹ではなく
   黒綾にご神紋である二重亀甲剣花角の文様を練り込んだものであり他に類を見ない。
   現在も、皇室の者といえども本殿内までは入れないしきたりを守り続けている。
   約60年に一度行われている本殿の建て替えに際して、神体が仮殿に遷御され
   た後に、本殿の内部及び大屋根が公開されることがある。


                 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


一畑寺(いちばたじ)
島根県出雲市小境町にある仏教寺院。宗派は臨済宗妙心寺派、及び一畑薬師教団
総本山山号は醫王山(いおうざん)。
通称は一畑薬師。「のお薬師様」として知られる。

   縁起によれば、寛平6年(894)、漁師の与市(のち出家して補然と称する)が、海中
   から引き上げた薬師如来像を本尊とし、医王寺として創建したという。
   天台宗に属したが、正中2年(1325)、石雲本竺臨済宗南禅寺派寺院として再興し、
   寺号を成徳寺と改めた。

   承応2年(1653)には一畑寺に改名。寛政2年(1790)、妙心寺派に転属した。
    昭和28年(1953年)、宗教法人一畑薬師教団が設立され、一畑寺が総本山となっている。

                   フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

   出雲日御碕灯台(いずもひのみさきとうだい)
   島根県出雲市にある灯台である。日本海に臨む日御碕の突端に立つ石造灯台。
   公益社団法人燈光会が日本一の灯塔の高さをもつ(43.65メートル)と説明する
   灯台である(高さ60メートルの江の島灯台50メートルの大阪灯台がある)。
   周辺は、大山隠岐国立公園の一部となっている景勝地。尚、碕の字がつく唯一の
   灯台でもある。

   世界灯台100日本の灯台50に選ばれた日本を代表する灯台で、歴史的
   文化財的価値が高いため、Aランクの保存灯台となっている。
   また、全国に5箇所しかない最大の第1等レンズを使用した第1等灯台でもある。
   
                  
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
   

 


   
                      トップページへ