アンコール遺跡 プラサット・クロヴァン(第11回)

 ベトナム・アンコールワット(JTBバブリッシングより)

 プラサット・クロヴァン

921年に建立。全てレンガ造りの遺跡でテラスの奥にひとつの
基壇の上に5つの祠堂が横に1列に並んでおり、通常と異なる
寺院構成のヒンドゥー教寺院。

北側の塔にはリンガが置かれ、南側の塔にはヴィシュヌ神の
妻ラクシュミーの浮彫りが、中央の塔には力強いヴイシュヌ神
の浮彫りがある。

1964年からフランス極東学院によって修復がなされた、ひとつ
の成功例とされている。

(参照文 はうとう@カンボジア アドフューズコミニケーションズより)


         
           行程表に