アンコール・トム バイヨン寺院 (第4回)
 ベトナム・アンコールワット(JTBバブリッシングより)

バイヨン寺院

12世紀末、クメール帝国最後の偉大な王、ジャヤヴァンマン7世に
より建立された仏教寺院。
アンコール・トムの中央に位置する中心寺院であり、あたかも
岩山のような佛面塔群には驚嘆される。

アンコール・トムのバイヨン寺院

真ん中に聳える中央祠堂の巨大な四面仏は、厳粛且つ神秘的。
二重の回廊の至る所に神話、歴史上の出来事などの浅浮彫りが
施されている。

(参照文 はうとう@カンボジア アドフューズコミニケーションズより)


カンボジア人(耳たぶが大きい)

鰐の彫刻


         
           行程表に