香嵐渓 1(こうらんけい) 

愛知県豊田市足助町にある矢作川支流巴川がつくる渓谷。愛知高原国定公園
の一角に当たる。
 

紅葉やカタクリの花などが有名で、毎年県内だけでなく近県からも数多くの観光客
が訪れる。
 
寛永11年(1634年)に足助にある香積寺の三栄和尚が、巴川から香積寺に至る
参道にカエデやスギの木を植えたのが始まりとされる。
さらに、地元住民などの手によって数多くのカエデが植え足されたり、散策道が
つくられるなどして現在のようになっている。
また寛永11年(1634年)に足助にある香積寺の三栄和尚が、巴川から香積寺に
至る参道にカエデやスギの木を植えたのが始まりとされる。さらに、地元住民など
の手によって数多くのカエデが植え足されたり、散策道がつくられるなどして現在
のようになっている。
また、香嵐渓のシンボルとも言える待月橋(たいげつきょう)が命名されたのは昭和
28年(1953年)。その後3回の掛け替えを経た後、平成19年(2007年)に新たな橋
となった。香嵐渓のシンボルとも言える待月橋(たいげつきょう)が命名されたのは
昭和28年(1953年)その後3回の掛け替えを経た後、平成19年(2007年)に新たな
橋となった。

   フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

          トップページへ