嵐山(あらしやま)

京都府京都市観光地。国の史跡および名勝に指定されている。

本来地名としては西京区桂川の右岸)を指し、左岸は右京区嵯峨であるが、
観光案内等では嵯峨地区を含めた渡月橋(とげつきょう)周辺全域を一まとめに
嵐山と称する事が多いため、本記事では渡月橋周辺全域をしての嵐山を扱う。

嵐山は紅葉の名所である。日本さくら名所100並びに日本紅葉の名所
100
に選定されている。
京都市街の西に位置し、平安時代に貴族の別荘地となって以来、京都の代表
的な観光地となっている。嵐山の中心部を流れる桂川にかかる渡月橋は嵐山の
象徴になっている。なお渡月橋をはさんで上流が大堰(おおい)川で、下流から
桂川となる。JR山陰線の北側には嵯峨野と呼ばれる観光地が広がっている。
元来は寺社めぐりや紅葉などの景観が観光の主体であった。
1980
年代
には渡月橋の北側を中心にタレントショップが急増し、修学旅行生な
ど若い観光客で賑わう一方で、雰囲気が破壊されるとの批判もあった。
バブル崩壊後はこうしたタレントショップは減少し、現在はほとんど存在しない。
1990
年代
以降、小規模な博物館の開館が相次ぎ、2004には温泉が掘削さ
れた(嵐山温泉)。
2013
916日に大規模な水害に見舞われ、多くの旅館や売店が被災したが、
紅葉シーズンに間に合うように復旧が進められ、10月初めまでにほとんどの施
設が再開した。観光シーズンになると渋滞が激しく道路交通が麻痺してしまうた
め、乗用車の乗り入れ規制や、郊外に格安または無料の駐車場を整備しそこか
バスで運ぶパーク・アンド・ライドの実験が行われた。


               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 

                       トップページへ