野宮神社(ののみやじんじゃ)

京都市右京区嵯峨野にある神社である。
天皇の代理として伊勢神宮に仕える斎王伊勢に赴く前に身を清める場所であり、
黒木鳥居と小柴垣に囲まれた清浄の地を選んで建てられた。
その様子は源氏物語「賢木の巻」にも描かれている。旧社格は村社で、現在は神社
本教
の被包括法人となっている。豊鍬入姫命を端とした伊勢神宮に奉仕する斎王
伊勢に向う前に潔斎をした「野宮」に由来する神社であると伝えられる。

天皇が代替わりすると、未婚の皇女女王(平均12-13歳、最年少2歳、最年長で28歳)
の中より新たな斎王が卜定され、宮中の初斎院で1年間、そして嵯峨野の清らかな場所
を選び造営された野宮に入り1年間潔斎した後に宮寮(現在の三重県多気郡明和町)
に向かい伊勢神宮での神事に臨んだ。
その時の行列を「斎王群行」といい、1998年(平成10年)より毎年10月の例祭において
氏子を中心に「斎宮行列」としてその様子を再現している。
野宮の場所は毎回異なっていたが、嵯峨天皇の代の仁子内親王のときから現在の野宮神
社の鎮座地に野宮が作られるようになった。
斎王の制度は南北朝時代後醍醐天皇の代の祥子内親王を最後に廃絶し、その後は天照
大神を祀る神社として存続していたが、度重なる戦乱の中で衰退した。 (狩野永徳筆、洛外
名所遊楽図屏風にも当社が描かれている。)
後に後奈良天皇中御門天皇らの綸旨により再興され、現在まで皇室からの厚い崇敬を受
ける。
近年では、1980年(昭和55年)318日に宮徳仁親王殿下、1994年(平成6年)212
には秋篠宮文仁親王殿下並びに同妃殿下が御参拝された。
源氏物語
賢木」の巻の舞台とされ、謡曲「野宮」の題材ともなっており境内各所に案内板が
設けられ授与される御守にも、それらをモチーフにしたものが見られる。

鳥居は樹脂加工がされており、樹皮がついたままのクヌギの原木(徳島県剣山)を使用し
作られた貴重な「黒木の鳥居」で、形としてのみは日本最古の鳥居形式を伝えている。


               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

                       トップページへ