八ツ橋(やつはし、八橋・八つ橋・八ッ橋とも記す)

京都を代表する和菓子の一つである。
明治時代、京都駅で販売されたことをきっかけとして認知されるようになり、人気となった。
第二次世界大戦後には「生八ツ橋」が考案され、現代ではこちらの方が人気がある。
八つ橋は京都を代表する観光土産であり、統計調査によると京都観光土産として菓子
を購入する人は96%にのぼるが、そのうち八ツ橋の売上は全体の45.6%(生八ツ橋24.5%、
八ツ橋21.1%)を占め、京都を代表する土産物になっている。関西地方では京都府以外でも
駅やサービスエリアの売店でも売られている。

なお、京都には「京都八ツ橋商工業組合」と呼ばれる組合がある。

米粉・砂糖・ニッキ(肉桂、シナモン)を混ぜて蒸し、薄く伸ばした生地を焼き上げた堅焼き
煎餅
の一種で、形はを模しており)、長軸方向に凸になった湾曲した長方形をしている。
蒸し終えて薄く伸ばした生地を焼き上げずに一定サイズに切り出したものは「生八ツ橋」と
呼び、1960年代に発売を開始した。純粋に生地だけのものと、正方形の生地を二つ折りに
してを包んだものがある。
とくに後者はメーカーにより多種多様な種類が作られている。生地は通常のニッキのほか抹
茶やごまを混ぜたものがあり、餡も通常のつぶあんのほかに果物やチョコレートの餡を用いる
ものもある。
昔の生八ツ橋は皮によって包まれていたが、現在は賞味期限を延ばすためにほとんどが
真空パック詰めされている。
そのため、真空パックを開封しなければ賞味期限はおおよそ9日から11日となっている。
ただし、昔ながらの製法を特徴としているメーカーの商品の場合は、保存料酸化防止剤
を使わず、真空パックも使わないなど品質保持についても昔ながらであるために、賞味期限
は季節にもよるが2日 - 4日と、他メーカーの製品と比較して極端に短い。

               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


         工場で出来たての「おたべ」を見学者に試食

            来店者に無料サービスで

                       トップページへ