神泉苑(しんせんえん)

京都市中京区門前町にある東寺真言宗の寺院。本尊は聖観音不動明王弘法大師
二条城の南に位置し、元は平安京大内裏に接して造営された禁苑(天皇のための庭園)
であった。
境内に「恵方社」として「大歳神:歳徳神(としとくじん)」を祀るが毎年大晦日の晩に恵方
に祠の向きを変える点が他の神社仏閣と異なる(日本国内で毎年向きを変える「大歳神」
は唯一ここだけに見られる祀り方であると伝えられる)。

延暦13年(794)の平安京遷都とほぼ同時期に、当時の大内裏の南に接する地に造営
された禁苑であった。
もともとここにあった古京都湖(古山城湖)の名残の池沢を庭園に整備したものと考えられ、
当初の敷地は二条通から三条通まで、南北約500メートル、東西約240メートルに及ぶ、
池を中心とした大庭園であった。

史料に初めてその名が見られるのは『日本紀略』の記事であり、延暦197月19800
8月12
)、桓武天皇が行幸したという内容である。
延暦21年(802)には雅宴が催されたとあり、この頃から神泉苑は天皇や廷臣の宴遊の
場となったとみられる。また、『日本後紀』には、嵯峨天皇弘仁3年(812)に神泉苑に
て「花宴の節(せち)」を催したとあり、これが記録に残る花見の初出と考えられている。

               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

                       トップページへ