にっぽんど真ん中祭り 1(にっぽんどまんなかまつり) 
8月末(例年8月末の金〜日曜日の3日間。金曜日は前夜祭、土日が本祭(特に断り
のなき限り2016の大会を参考としている。以下同じ))に愛知県名古屋市を中心(19
の会場に跨り広がっている。
メインステージは久屋大通公園)に行われる鳴子を用いた踊りの祭り、コンテスト。
通称「どまつり」。1999年に初開催され、毎年催されている。県内外からのエントリー
が有り、踊る曲のジャンルは問われないが、自分の住んでいる地域・地元をアピール
するため、地元の民謡のフレーズを入れることが参加条件となっているところが特徴
である。
 
名古屋には島田豊年(名古屋ストトコ節などを振付)を開祖とする「日本民踊研究会」
と言う日本民踊の中心的な役割を担う巨大な団体が存在する。 当時、そのような地元
の文化を知らない学生たちが北海道札幌市で開催されるYOSAKOIソーラン祭りに
参加するため、1997年名古屋学生チーム『鯱』を結成し、YOSAKOIソーラン祭りに
参加した。
 
そこで感銘を受けたメンバーの「名古屋にも学生の手で活気のある祭りを作りたい」
との想いから1999年に開催された。
 
以降、毎年開催され、踊り手・観客数は何年かにごとに落ち込みも見られるものの、
そのたびに持ち直し、2016年は207チーム23000人の参加、観客220万人と発表さ
れている。
               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

   

                       トップページへ