名古屋城(なごやじょう)
尾張国愛知郡名古屋(現在の愛知県名古屋市中区・北区)にあった日本の城。

「名城(めいじょう)」、「金鯱城(きんこじょう、きんしゃちじょう)」、「金城(きんじょう)」
の異名を持つ。日本100名城に選定されており、国の特別史跡に指定されている。
 

名古屋城は、織田信長誕生の城とされる今川氏築城の那古野城(なごやじょう)の
跡周辺に、徳川家康が天下普請によって築城した。以降は徳川御三家の一つでも
ある尾張徳川家17代の居城として明治まで利用された。
大阪城、熊本城とともに日本三名城に数えられ二条城 と並ぶ武家風 書院造 の双璧
です。
                        『ウィキペディア(Wikipedia)』より

キク(菊) 

キク科キク属の植物。ここでは、狭義のキク(家菊(イエギク)、栽培菊(栽培ギク))
について詳述する。野菊については「野菊」を参照のこと。
日本では日本で観賞用多年草植物として発展した品種群を和菊、西ヨーロッパで
育種されて生まれた品種群を洋菊と呼ぶ。
秋に咲く花であるが、短日性植物で、電照などを用いた作型の分化により、周年供給
されている。食用にする「もってのほか」などの品種もある。
花言葉は「高貴」である。観賞園芸的には和菊、生産園芸的には洋菊が中心に栽培
されている。また、切花としては温室での電照栽培で周年出荷されている。
バラ、カーネーションとともに生産高の多い花卉となっている。
 

日本においては、菊は元々は外来種であり薬草や観賞用植物として中国から伝来し、
平安時代に用いられ始めて宮中では菊の節句とも呼ばれる重陽の節句(旧暦9月9日)
明治時代まで行われ、現在でも皇室園遊会(観菊御宴)として行われている。
日本で菊の栽培が盛んになったのは、栽培のプロセスが冬に芽をとり、春に植え、
夏に成長させ、秋に観賞するといった具合で、イネの栽培と類似していることが影響
しているとの説もある。
現在では各地に愛好会ができ、秋には、それらが主催の品評会が開かれている。

                         『ウィキペディア(Wikipedia)』より


             名古屋城地図

               
               トップペ-ジへ