庄内緑地(しょうないりょくち) 
   愛知県名古屋市西区山田町にある庄内川の小田井遊水地を利用した公園である。 
   1940年(昭和15年)、防空緑地として都市計画決定。愛知県により土地の取得が
   行われるものの、農地解放により所有権を失い、それぞれ耕作地へ戻っていった]。
   1958年(昭和33年)2月になって、改めて「第3号庄内緑地」として指定。
   小田井遊水地を中心として、民有地の買収を行い、次第に公園としての整備を進め。
 
   1986年(昭和61年)4月「水と緑と太陽」をテーマに開園。
   園内にはバラ園や、サイクリングコース、ボート池、テニスコート、陸上競技場などの
   ほか、「庄内緑地グリーンプラザ」がある。
   庄内川右岸に位置する遊水地としての機能を有しており、庄内川に面した堤防は洗
   堰となっているために台風シーズンにはしばしば水没する。

             百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
    
   

   
 
 

   ジュウガツザクラ(十月桜、学名:Cerasus×subhirtella(Miq.) 
   バラ目バラ科サクラ属の植物。エドヒガンの系列でコヒガンの園芸品種。毎年、
   年に二度開花する。
 
  サクラの属名は日本では長いこと Prunus、和名ではスモモ属とする分類が主流
   だったが、昨今の研究では Cerasus(サクラ属)とするものがある。日本では前者、

   分けてもサクラ亜属(subg. Cerasus)とするものが多かったが、近年は後者が増
   えてきている。しかしCerasusとすることで決着した訳ではない。
 
   花が4月上旬頃と10月頃の年2回開花する。花は十数枚で、花弁の縁が薄く紅色
   になる。また萼筒が紅色でつぼ型である。春は開花期に新芽も見られる。また、
   春のほうが花は大きい。樹高は5m程。 シキザクラ 、 コブクザクラ 等も年に2回開花
   する。また、 フユザクラ は冬に咲くが、別種。秋口に咲く特徴から紅葉する樹木と共
   に植えられることもあり、桜と紅葉が楽しめるように設置される事もある。

                     百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

   コスモス(英語: Cosmos [ˈkɒzmɒs]  キク科 コスモス属 の総称。
   また、種としての オオハルシャギク Cosmos bipinnatusCav. を指す場合もある。
   アキザクラ (秋桜)とも言う。

 
   一年生の草本。茎は高さ2-3mになり、よく枝を出す。葉は対生で二回羽状複葉。
   細かく裂け、小葉はほぼ糸状になる。頭花は径6-10cm、周囲の舌状花は白から
   淡紅色、あるいは濃紅色。中央の筒状花は黄色。葯は黄褐色。通常は舌状花は8個。
   開花期は秋で、短日植物の代表としても知られ
 秋に桃色・白・赤などの花を咲かせる。
   花は本来一重咲きだが、舌状花が丸まったものや、八重咲きなどの品種が作り出され
   ている。本来は短日植物だが、6月から咲く早生品種もある。

                百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


バラ(薔薇) バラ科バラ属の総称である。あるいは、そのうち特に園芸種(園芸
バラ・栽培バラ)を総称する。ここでは、後者の園芸バラ・栽培バラを扱うこととする。
バラ属の成形は、灌木、低木、または木本性のつる植物で、葉や茎に棘を持つもの
多い。葉は1回奇数羽状複葉。
花は5枚の花びらと多数の雄蘂を持つ(ただし、園芸種では大部分が八重咲きである)。
北半球の温帯域に広く自生しているが、チベット周辺、中国の雲南省からミャンマー
にかけてが主産地でここから中近東、ヨーロッパへ、また極東から北アメリカへと伝播
した。南半球にはバラは自生しない。

「ばら」の名は和語で、「いばら」の転訛したもの。漢語「薔薇」の字をあてるのが通常
だが、この語はまた音読みで「そうび」「しょうび」とも読む。漢語には「玫瑰」(まいかい)
や「月季」(げっき)の異称もある(なお、「玫瑰」は中国語においてはハマナスを指す)。
欧州ではラテン語の rosaに由来する名で呼ぶ言語が多く、また同じ語が別義として
「 薔薇色 」として「 ピンク色 」の意味をもつことが多い。
 6月の誕生花である。季語は夏(「冬薔薇」「ふゆそうび」となると冬の季語になる)。
花言葉は「愛情」であるが、色、状態、本数、組合せによって変化する。

           百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


 
 
 
 
 
 


  

                  
キキキキキキキキキキキキキキキキキキキトップペ-ジへ