橿原市(かしはらし)

奈良県中部のである。総人口約124,000人と奈良市に次ぐ県下第二都市でもある。
市名は神武天皇が磐余(いわれ)の地において磯城の首長の兄磯城(えしき)を破り、
饒速日命も天津瑞を献じて仕えることとなり、神武天皇即位紀元辛酉の年の春正月の
庚辰の朔日に畝傍山東南「橿原の宮」に即位建国したことに由来する。
市章(シンボルマーク)のは、神武天皇の弓の弭に止まって光り輝き、長髄彦
兵を追い払ったから意匠された。


今井町(いまいちょう)

奈良県橿原市の中部に位置する地区で、14丁目からなる。
戦国時代
寺内町が原型となり、今も江戸時代の建造物が多数存在するた
め、町域の一部が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。
奈良県橿原市の中部に位置する、東西約600m、南北約310mの地区である。
北東部の1丁目、南東部の2丁目、南西部の3丁目、北西部の4丁目に分かれ
ている。地形はおおむね平坦で、東を飛鳥川が北流している。北は小綱町、
西は五井町、南は四条町、東は兵部町および南八木町1丁目、北東は八木町
1丁目(いずれも橿原市)と接している。

条里制の基幹線である中街道 (下ツ道)八木町の札の辻、井戸の辻、醍醐
辻を南北に走り、醍醐辻を西に延長していくと、今井町の本町筋に合致し、
今井町を形成計画していく上での中心線となっていて、ほぼ長方形の区域
の中に東西南北方向に方眼状に道路を配し、町並みや街路の形状は町造り
の始められた頃の区画が今も残っている。
街路は町の端から端まで通り抜けのものではなく、入口において道幅だけ
屈曲しているか、途中で丁字型に突き当たっていて、見通しのできないよ
うに配備されている。
今西家住宅北側の道路の本町筋では、住宅建物だけが北側の道路に突出し
ていて、東西両端で道が大きく南に屈曲していて、前方の見通しが悪く、
今西家の前を通る道路は、この角で折れ曲がって小さい枡形を形成し、二
階の窓は町内の道を真っ直ぐに見通す位置につくられている。
その機能も意匠も物見櫓とよく似ているが、この家の性格を示している。
町内より外部に通じる通路は、東面に3門、南面に3門、西に1門、乾方向
1門、北に1門の9つの門があり、夜は4つの門のみを開け、外来者が町中
にみだりに入ることを拒んでいた。
もし外来者が今井町内で宿泊する必要のあるときは、その都度、町年寄
届出を必要としていた。

                フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

       NHKのドラマ「あさが来た」の撮影が当地で行われた


                   トップページへ