若草山(わかくさやま)

奈良県奈良市奈良公園の東端に位置する標高342m、面積33haである。

なだらかな山腹が芝に覆われており、奈良を代表する景観の一つである。山頂
には古くから知られる鶯塚古墳前方後円墳)があり、「鶯山」とも呼ばれる。
また、菅笠のような形の山が三つ重なって見えることから俗に「三笠山」とも呼ば
れ、御蓋山と混同されてきた。さらには「かつて若草山の正式名称は三笠山だ
った」と言われることがあるが、これは俗説である。江戸時代に南都八景の一つ
として 「三笠山雪」 が挙げられていたが、これは若草山の芝の上に積もる雪が
真っ白に美しく見えることによる。
山頂から見る奈良の夜景は、新日本三大夜景のひとつに認定されている。

               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


      夕暮れの若草山(後ろの山は山焼き跡で黒くなっている)

       桜の頃の若草山の風景(鹿も沢山)

             昼間の奈良市

               奈良市の夜景

        若草山のふもとにある店(春日野)

                       トップページへ