寒霞渓2(かんかけい) 

 香川県の小豆島にある渓谷。国指定の名勝。
  星ヶ城と美しの原高原の間、範囲は東西7キロメートル、南北4キロメートルに
 及ぶ大渓谷で、そこに約1300万年前の火山活動により堆積した疑灰角礫岩
 などが、度重なる地殻変動と風雨による侵食により、断崖や奇岩群を形成して
 いる。 日本書紀にも記述がある奇勝で、元々は鉤掛山、神懸山などと呼ばれ
 ていたが、明治初期の儒学者、藤沢南岳が寒霞渓と命名した。
 当地は、大正12年(1923年)3月7日に「神懸山(寒霞渓)」として国の名勝に指
 定され、また1934年の瀬戸内海国立公園設置の契機となった、大渓谷と海を
 一望できる景勝地である。ほか、日本三大渓谷美、日本三大奇勝や日本百景、
 世紀に残したい日本の自然100選」[1]等に選ばれている。新緑や特に紅葉の
 季節は多くの観光客で賑わう。
  四季それぞれに織りなす大自然の豊かさに恵まれた、瀬戸内海国立公園の中
 心地小豆島。そのほぼ中央に位置する寒霞渓(かんかけい)は、島の最高峰
 星ヶ城と四方指の間にある渓谷。
 寒霞渓はおよそ1300万年前の火山活動によってできた安山岩、集塊岩などの
 岩石が長い年月の地殻変動や侵食により、そそりたつ奇岩怪石の絶景をつくり
 あげた。
  変化にとんだ渓谷は、日本三大渓谷美のひとつとして称され小豆島が誇る景勝
 地となっている。目のさめるような初夏の新緑、夏の碧、深まりゆく秋とともに山
 全体が燃えるように染まるその色彩のあざやかさに、思わず目を奪われ、感動の
 渦のなかに魅きこまれて行く。やがて訪れるモノトーンの冬、落葉した木々から
 顔を出す石の表情にも魅力は尽きることがない。 

 深い渓谷を行くロープウェイから望む、瀬戸内海の素晴らしい景色も見逃すこ
 とはできない。
 登山道をゆっくり歩きながら、珍しい動植物に会えることも楽しみのひとつになる。

               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)


             上りのケーブルカー駅に到着

      見学者にケーブルカーの動力のシステムを説明
 
鷹取展望台

               寒霞渓で見られる花々

        秋の紅葉シーズンの寒霞渓の写真

                       トップページへ