三嶋大社(みしまたいしゃ、三島大社)

静岡県三島市大宮町にある神社式内社名神大社)、伊豆国一宮、伊豆国総社
旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社

静岡県東部の伊豆半島基部、三島市の中心部に鎮座する。境内入り口の大鳥居前
を東西に旧東海道、南に旧下田街道が走る。周辺は伊豆国の中心部として国府
あった地で、のちに三嶋大社の鳥居前町として発達、いつしか地名も大社に由来して
「三島」と称されるようになったとされる。

社名の「三嶋」とは伊豆大島三宅島等から成る伊豆諸島を指すと言われ、主祭神は
伊豆諸島の開拓神である。当社は、古代には伊豆諸島の噴火を畏れた人々から篤く
崇敬された。
中世
に入ると、伊豆国の一宮として源頼朝始め多くの武家からの崇敬を集めた。
近世
以降は三島が東海道の宿場町として発達したことに伴い、東海道を往来する庶民
からも篤く信仰された神社である。

境内では本殿・幣殿・拝殿が国の重要文化財に、キンモクセイが国の天然記念物
指定されている。
また社宝では、北条政子奉納と伝わる国宝の「梅蒔絵手箱」を始めとして、多数の
所蔵品が国の重要文化財や静岡県指定文化財に指定されている。

               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


          フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

                 神池

                  総門
 

                    神 門

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より(次の写真も)

                本殿

      三嶋大社の直ぐそばにある「水辺の文学碑
 
                       トップページへ