浅草寺3(せんそうじ)

東京都台東区浅草二丁目にある、東京都内最古のである。山号は金龍山。
本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。元は天台宗に属していたが第二
次世界大戦後
独立し、聖観音宗総本山となった。観音菩薩を本尊とすること
から「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。
東京都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)である。
江戸三十三箇所観音霊場
の札所(1番)でもある。全国有数の観光地であるため、
正月の初詣では毎年多数の参拝客が訪れ、参拝客数は常に全国トップ10に収
まっている
推古天皇36年(628)、宮戸川(現・隅田川)で漁をしていた檜前浜成・竹成
(ひのくまのはまなり・たけなり)兄弟の網にかかった仏像があった。
これが浅草寺本尊の聖観音(しょうかんのん)像である。この像を拝した兄弟の
主人・土師中知(はじのなかとも、「土師真中知」(はじのまなかち)とも)は出家し、
自宅を寺に改めて供養した。これが浅草寺の始まりという。その後大化元年
645)、勝海上人という僧が寺を整備し観音の夢告により本尊を秘仏と定めた。
観音像は高さ18分(約5.5センチ)の金色の像と伝わるが、公開されることの
ない秘仏のためその実体は明らかでない。平安時代初期の天安元年(857
天長5年(828)とも)、延暦寺の僧・円仁(慈覚大師)が来寺して「お前立ち」
(秘仏の代わりに人々が拝むための像)の観音像を造ったという。
これらを機に浅草寺では勝海を開基、円仁を中興開山と称している。天慶5
942)、安房守平公雅が武蔵守に任ぜられた際に七堂伽藍を整備したとの
伝えがあり、雷門、仁王門(現・宝蔵門)などはこの時の創建といわれる。

一説に、本尊の聖観音像は、現在の埼玉東京の県境に近い飯能市岩淵にある
成木川
沿いにある岩井堂に安置されていた観音像が大水で流されたものとする
伝承がある

表参道入口の門。切妻造の八脚門で向かって右の間に風神像、左の間に雷神
像を安置することから正式には「風雷神門」というが「雷門」の通称で通っている。
慶応元年(1865)に焼失後、長らく仮設の門が建てられていたが昭和35
1960)、約1世紀ぶりに鉄筋コンクリート造で再建された。
業家・松下幸之助が浅草観音に祈願して病気平癒した報恩のために寄進した
ものである。門内には松下電器産業(現パナソニック)寄贈の大提灯がある。
三社祭
の時と台風到来の時だけ提灯が畳まれる。

風神雷神像は頭部のみが古く、体部は慶応元年(1865年)の火災で焼失後、
明治7年(1874年)に補作。昭和35年(1960年)の門再建時に補修と彩色が
加えられている。
門の背面の間には、「金龍・天龍」の像を安置する。西の金龍(女神)は仏師・
菅原安男、東の天龍(男神)は彫刻家・平櫛田中の作で、昭和53年(1978年)
に奉納されたものである。

二天門

重要文化財。本堂の東側に東向きに建つ、切妻造の八脚門である。元和4年
1618年)の建築で、第二次世界大戦にも焼け残った貴重な建造物である。
この門は、本来は浅草寺境内にあった東照宮(徳川家康を祀る神社)への門と
して建てられたものである(東照宮は寛永19年(1642年)に焼失後、再建され
ていない)。
現在、門の左右に安置する二天(持国天、増長天)は上野の寛永寺墓地にある
厳有院(徳川家綱)霊廟から移されたものである。
平成22年(2010年)、改修により創建当初の様式に戻され
た。
               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

                       トップページへ