浜離宮恩賜庭園 2(はまりきゅうおんしていえん)
   東京都中央区浜離宮庭園
にある都立庭園である。

   東京湾から海水を取り入れ潮の干満で景色の変化を楽しむ、潮入りの回遊式
   築山泉水庭。
   江戸時代庭園として造成された。園内には鴨場、潮入の池、茶屋、お花畑
   やボタン園などを有する。
   もとは甲府藩下屋敷の庭園であったが、将軍家の別邸浜御殿や、宮内省
   理の離宮を経て、東京都に下賜され都立公園として開園。

   近年、かつて園内にあった複数の建築物の復元計画が進められており、2010
   に松の御茶屋、2015年に燕の御茶屋の復元が完了した。
   2018
3月に鷹の御茶屋が復元される。当初復元予定となっていた延遼館は
   舛添都知事の辞任により未定となっており、海手御茶屋の復元が検討中である。

               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


        庭園内に海水が入り石垣にカキ殻が
  以下3枚はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

                       トップページへ