補陀洛山寺(ふだらくさんじ)
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある、天台宗の寺院。補陀落とはサンスクリット
語の観音浄土を意味する「ポータラカ」の音訳である。
 
境内は国の史跡「熊野三山」の一部。ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と
参詣道』(2004年〈平成16年〉7月登録)の構成資産の一部。


仁徳天皇の治世にインドから熊野の海岸に漂着した裸形上人によって開山され
たと伝える古刹で、平安時代から江戸時代にかけて人々が観音浄土である補陀洛
山へと小船で那智の浜から旅立った宗教儀礼「補陀洛渡海」で知られる寺である。
江戸時代まで那智七本願の一角として大伽藍を有していたが、文化5年(1808年)
台風により主要な堂塔は全て滅失した。その後長らく仮本堂であったが、1990年に
現在ある室町様式の高床式四方流宝形型の本堂が再建された。
隣接する浜の宮王子社跡には熊野三所大神社(くまのさんしょおおみわしゃ)が建つ。
 補陀洛は『華厳経』ではインドの南端に位置するとされる。またチベットのダライ・
ラマの宮殿がポタラ宮と呼ばれたのもこれに因む。
中世日本では、遥か南洋上に「補陀洛」が存在すると信じられ、これを目指して船出
することを「補陀洛渡海」と称した。記録に明らかなだけでも日本の各地(那珂湊、
足摺岬、室戸岬など)から40件を超える補陀洛渡海が行われており、そのうち25件
がこの補陀洛山寺から出発している。

             フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

   渡海者と金光坊  
   渡海者たちについて詳しく記した資料は残っていないが、初期は信仰心から来る
   儀礼として補陀洛渡海を行っていたと考えられている。
   平安・鎌倉時代を通じて6名が渡海したと、補陀洛山寺に建つ石碑に記されている。
   これが戦国時代になると60年間で9名もの渡海者が現れたという。
   この頃になると、 熊野三山 への参詣者が減少したことから、補陀洛渡海という
   捨身行 によって人々の願いを聞き届けるという形で宣伝され、勧進のための手段
   としての側面が現れたとされる。
   16世紀後半、金光坊という僧が渡海に出たものの、途中で屋形から脱出して付近
   の島に上陸してしまい、たちまち捕らえられて海に投げ込まれるという事件が起
   こった。後にその島は「金光坊島(こんこぶじま)」とよばれるようになり、またこの
   事件は井上靖の小説『補陀洛渡海記』の題材にもなっている。
   江戸時代には住職などの遺体を渡海船に載せて水葬するという形に変化した
   ようである。


              フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 
 

                       トップページへ