橋杭岩(はしぐいいわ)
和歌山県東牟婁郡串本町にある奇岩群。同町の大字鬮野川(くじのかわ)小字橋杭
の海岸から紀伊大島方面へ大小約40の岩が南西一列におよそ850メートルもの長き
にわたって連続してそそり立っている。
直線上に岩が立ち並ぶ姿が橋の杭のように見えることから橋杭岩と呼ばれている。
また干潮時には岩の列中ほどに附属する弁天島まで歩いて渡ることができる。

吉野熊野国立公園に属しており、国の名勝や国の天然記念物の指定も受け観光名所
となっている。また橋杭岩を通して見る朝日はとても美しいと評判で日本の朝日百選の
認定も受けている。
 

橋杭岩は、1500万年前の火成活動により、泥岩層の間に流紋岩が貫入したものである。
貫入後に差別侵食により、柔らかい泥岩部が速く侵食され、硬い石英斑岩が杭状に
残されたものである。
 

昔弘法大師が天の邪鬼と串本から沖合いの島まで橋をかけることが出来るか否かの
賭けを行った。弘法大師が橋の杭をほとんど作り終えたところで天の邪鬼はこのままで
は賭けに負けてしまうと思い、ニワトリの鳴きまねをして弘法大師にもう朝が来たと勘違
いさせた。

弘法大師は諦めて作りかけでその場を去った。そのため橋の杭のみが残ったという。

             フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

                       トップページへ