あいち航空ミュージアム 3 (あいちこうくうミュージアム) 

愛知県西春日井郡豊山町にある県立の航空博物館で、名古屋飛行場内の南西側、
旧国際線ターミナルを改装したエアポートウォーク名古屋に隣接して設けられた。

かつて名古屋飛行場には展示施設として「名古屋空港航空宇宙館」が設けられて
いたが、中部国際空港開港にともなう県営空港化により2004年10月31日に閉館、
展示物の一部は神明公園に整備された航空館boonに移設されていた。

愛知県は国際戦略総合特区「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」の指定
を受けて、航空宇宙産業の育成・振興に取り組んでおり、名古屋飛行場周辺には古く
から三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所(名航)が立地するほか、三菱航空機
がMRJ最終組立工場を新たに建設するなど、航空機の開発・生産拠点となっている。
将来の人材育成・産業観光の場としても期待されることから、県は2015年5月15日の
記者会見において、「県営名古屋空港見学者受入拠点施設整備事業」として「航空の
フィールドミュージアム」を構築することを発表した。
構想では、ボーイングの本拠地であるシアトルやエアバスの本拠地であるトゥールーズ
をモデルに、飛行場周辺地域を航空分野の産業観光の拠点とするため、見学者の受
入拠点施設となる、航空機をテーマとした展示施設「あいち航空ミュージアム」を整備
する。周辺に点在する集積された航空機産業・観光資源と中核施設となる「あいち航空
ミュージアム」が連携、「MRJ量産工場見学ツアー」、「空港施設バックグランド・ツアー」、
「MHI史料室探訪ツアー」、「JAXA訪問ツアー」、「自衛隊基地見学ツアー」、「撮影
スポット・ツアー」などを行い、地域全体をフィールドミュージアムとして、学校教育・
人材育成・産業観光に活用する計画である。
指定管理者は空港ターミナルビルを運営する名古屋空港ビルディングが選定された
(2017年11月30日から2021年3月31日まで)。
2017年11月30日に開館し、同日アメリカの
シアトル航空博物館(英語版) と協力提携
を締結した。来館者数は開館当初は年間約65万人、その後は年間約35万人を目標と
している。
あいち航空ミュージアムの搭乗券(入場券)でエアポートウォーク名古屋の商品・サービ
スの割引が受けられる。
2階でQRコードつきのチケットを購入して入館する。
入館料などは、あいち航空ミュージアムご利用案内 入館料・駐車場料金等を参照。
YS-11、MRJ(今後展示予定)の国産旅客機のほか、三菱重工業が開発した機体を
中心に展示される。展示機を含む展示物の製作・設置費用として、県は2016年度12月
補正予算案で約8億8,000万円を計上した。
当初から、零式艦上戦闘機の展示について、機体の入手の問題などから開館時の
実機展示は見送られかけており、零戦の展示について、立地自治体である豊山町の
鈴木幸育前町長が「若い子に興味を持たせたくない」として難色を示していたが、交渉
の末、開館時から1階「飛行機の工房」で展示されている。

     フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


                  トップペ-ジへ