常滑焼 4 (とこなめやき) 

愛知県常滑市を中心とし、その周辺を含む知多半島内で焼かれる炻器。
日本六古窯の一つ。
常滑は、古代・中世から現代に至るまで、日本の窯業地の中でも大規模
な産地のひとつです。
2世紀のはじめに愛知県東部の猿投窯(さなげがま)の技術を継承して
知多半島に広がっていった窯業産地は、半島の中央部に広く展開し、

常滑窯は日本六古窯(常滑・信楽・備前・丹波・越前・瀬戸)の中でも最
も古い歴史を持っています。
その始まりは平安時代までさかのぼり、愛知県知多半島の常滑市を中心
に、丘陵地帯におよそ三千基もの穴窯が築かれ、壺・甕・山茶碗などが
作られました。
古常滑焼とも言われる常滑焼の原型は、平安時代末期まで遡ることができ、
日本六古窯のひとつに数えられています。
平安時代には、仏教のお経を書いたものを入れて地中に埋め、ご利益を
願うための経塚壺(きょうづかつぼ)が ...

やきもの散歩道 

愛知県知多半島の常滑市にあるやきもの散歩道は、中心市街地の小高い
丘にある特に人気の観光スポット。
常滑駅から徒歩で5〜10分にある陶磁器会館が出発点です。
ここで入手したパンフレットを片手に、迷路のような路地の散策をお楽しみ
ください。 ‎ 地図で見る「やきもの散歩道」· ‎ 焼きものを買う· ‎ 陶磁器会館· ‎
オススメ観光コース 地図で見る(般社団法人 - 常滑市観光協会)
「やきもの散歩道」Aコース一
名鉄 常滑 駅(2階建ての高架駅) 改札を出て直進すると 常滑市観光

案内所があります。陶磁器会館がやきもの散歩道の出発点です。
陶磁器会館には 常滑 焼が並べられ、お買い求めもできます。

              百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


ハ             
キキキキキキキキキキキキキキキトップペ-ジへ