立佞武多 ねぷた1

この立佞武多とよばれる山車は、禊ぎ祓いとして行われた夏の行事において、
燈籠を作られていたものがいつしか組み人形として作られるようになったのが
原形と考えられている。
明治時代から大正時代にかけて巨大なものとなり、市内の豪商や集落などで
競って作られていた。しかし、電線が市街地に張り巡らされたことにより、巨大
な山車の運行が困難になり、立佞武多は低形化された。結果、立佞武多その
ものが幻となってしまう事となった。
1993年(平成5年)、市内のある家庭で先祖の遺品の整理をしていたところ、
明治・大正期の立佞武多の設計図の一部が発見された。この設計図を元に
立佞武多を復活させようとするボランティア運動が始まり、彼らの手により、
1996年(平成8年)に「立佞武多」として80年ぶりに復活した。この時に作られた
立佞武多「武者」は同年7月1日に岩木川河川敷で運行、7日には古習に倣い
火が放たれ、昇天させられた。 その2年後の1998年(平成10年)、五所川原市
が立佞武多の支援を決め、夏祭りで運行されるようになった。
以後、立佞武多は1年に一基ずつ新作が制作され現在に続いている。
 

2004年の運行では、『ドラゴンボール』の孫悟空の立佞武多が出陣した。
また同年暮れ、千葉県の幕張メッセで行われた集英社のイベントにも出展され、
その威容を披露した。


          フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


                   トップペ-ジへ