大間崎(おおまざき、おおまさき) 

下北半島北端で津軽海峡に面する位置にあり、北緯41度33分・東経140度54分。
対岸に位置する北海道の汐首岬との間は僅々18km足らずに過ぎない。本州・
北海道間の最短地点である。
岬南方には大間町の市街地及び大間漁港が展開する。潮流の速い地域であり、
周辺は良好な漁場で、マグロの一本釣りの名所として知られる。

     フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


                   トップペ-ジへ