霊場 恐山3(おそれざん、おそれやま) 

下北半島の中央部に位置する活火山である。カルデラ湖である宇曽利山湖の
湖畔には、日本三大霊場の一つである恐山菩提寺が存在する。
霊場内に温泉が湧き、共同浴場としても利用されている。恐山を中心にした地域
は下北半島国定公園に指定されている。
本記事では、恐山と同霊場について詳述する。なお、恐山山地は下北半島の
北部を占める山地を指すので、本記事で詳述するいわゆる霊場恐山とは区別
される。

恐山には史料に残された噴火記録はなく、地質調査の結果からも、最後の噴火
は1万年以上前と見られている。しかし、カルデラ内の一部には水蒸気や火山性
ガスの噴出が盛んで、気象庁が2007年12月1日より開始した「噴火災害軽減の
ための噴火警報及び噴火予報」の対象になっている。ただし、噴火警戒レベル
を導入した43火山には含まれていない(2019年5月7日現在)。

火山性ガス  

恐山の「地獄」付近には 火山性ガス (亜硫酸ガス)が充満していて特有の硫黄
臭が鼻を突く。むつ市市街地でも、北西風のときは恐山の火山ガスによる硫黄
臭を感じる時がある。
恐山を参拝した際、 頭痛 、 倦怠感 を発症する者がいるが、これは霊的な現象
ではなく、有毒ガスによる軽い中毒症状である。
体力的に弱い高齢者や、身長が低く有毒ガスを吸い込みやすい幼児は、注意
が必要である。
恐山霊場には、鳥がほとんどおらず、草木も生えず、賽銭がひどく腐食してい
るのは、心霊現象ではなく、すべて 火山ガス の影響である。また、川や湖の水が
異常に透明であるのも、水に火山ガスが溶け込み、 酸性値 が高いため、生物
の生育に適していないからである。霊場内には多数の積み石が見られ、独特の
景観を形づくっているが、これは地面から噴出する有毒な 火山ガス を空気と効
率よくなじませる意味合いも持っている。
また 風車 も数多く置かれているが、これにも火山ガスの風下に入らないための
工夫の意味合いがある。ちなみに 線香、 ろうそく、 タバコ 等は、火山ガスに着火
する危険性があるため、所定の場所以外で使用してはならない。

イタコの口寄せ

恐山大祭や恐山秋詣りには、イタコマチ(イタコがテントを張って軒を連ねている場所)
に多くの人が並び、イタコ の 口寄せ が行われる。なお恐山で口寄せが行われたのは
戦後になってからであり、恐山にイタコは常住していない。
また恐山菩提寺はイタコについて全く関与していない。イタコは、八戸 や、青森 から
恐山の開山期間中にのみ出張してきており、 むつ市 には定住していない。


     フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


                   トップペ-ジへ