飛騨の小京都 冬の高山市

旧高山市中心部は江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全されており、
その景観から「飛騨の
小京都」と呼ばれている。
また、最近は、「日本の原風景を残す街」として紹介され、日本国外からの
観光客も増加している。飛騨高山の古い町並みJR高山駅から徒歩10分
にある、 上三之町、上二之町あたりが飛騨高山古い町並みの観光スポット
となっていますが、その周辺もじゅうぶん見ごたえがあります。飛騨高山の
古い町並みは商家の町並みになります。飛騨高山古い町並みの近くに
宮川が流れており、橋も含めとても情緒のある風景を楽しめます。
飛騨高山古い町並み近辺では牛串焼きや牛玉(たこ焼きの中身が牛肉)、
みたらし団子など手軽なグルメを楽しめるのも魅力です。飛騨高山古い
町並みでは人力車を多く見かけるのも特徴かもしれません。
朝早く飛騨高山古い町並みを周ると、混雑した日中の雰囲気とは全く違う
落ち着いた飛騨高山の古い町並みを感じることができます。


        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


                    高山 陣屋


高山別院
(岐阜県高山市)初代藩主の金森長近が1585年(天正13)に
城下町を造営する際、浄土真宗の門徒の中心道場として白川郷から移築
した寺。
その後幾度か火災に遭い、現在の本堂は1964年(昭和39)に再建されたもの。

寺宝館(希望すれば拝観は可能だが、15時まで。無料)には親鸞[しんらん]
上人の一代記を描いた絵など、貴重な宝物100点余りが展示されている。
また、庫裡は飛騨随一の豪農であった杉下家の民家を移築したものだ。

寺院の僧侶の居住する場所、また寺内の時食を調える、つまり台所も兼
ねる場合がある。なお現代では、その多くは僧侶の居住する場所をいうこが
多い。庫裏は大規模寺院では独立した建物であるが、一般寺院では寺の
事務を扱う寺務所と兼用となっていることが多い。


                   
                    トップペ-ジへ