高山市 1 (たかやまし) 

岐阜県の飛騨地方に位置する市。市町村面積は全国で最も広く、国際会議
観光都市に指定されている。

旧高山市中心部は江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全されており、
その景観から「飛騨の小京都」と呼ばれている。
また、最近は、「日本の原風景を残す街」として紹介され、日本国外からの

観光客も増加している。
飛騨高山の古い町並みJR高山駅から徒歩10分にある、上三之町、上二之町
あたりが飛騨高山古い町並みの観光スポットとなっていますが、その周辺も十分
見ごたえがあります。飛騨高山の古い町並みは商家の町並みになります。
騨高山古い町並みの近くに宮川が流れており、橋も含めとても情緒のある風景
を楽しめます。
飛騨高山古い町並み近辺では牛串焼きや牛玉(たこ焼きの中身が牛肉)、
みたらし団子など手軽なグルメを楽しめるのも魅力です。
飛騨高山古い町並みでは人力車を多く見かけるのも特徴かもしれません。
朝早く飛騨高山古い町並みを周ると、混雑した日中の雰囲気とは全く違う落ち
着いた飛騨高山の古い町並みを感じることができます

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


飛騨高山の「さるぼぼ」 さるぼぼは、飛騨高山で生まれた郷土人形で、
その昔子供が産まれたときの御守として、玩具の代わりに与えられたそう
です。 またさるぼぼの名前の由来は、飛騨高山の言葉で「猿の赤ん坊」
という意味になります。赤い顔と体が猿の赤ん坊に似ていることが由来です。
「猿」という読みをかけて、「災いが”さる”」、「家庭”猿”満(かていえんまん)」、
「”猿”むすび(えんむすび)」など、厄除けや縁結び、女性の安産のお守りと
しても、重宝されています。


                
                 トップペ-ジへ