出石(いずし)
兵庫県豊岡市にある地区で、かつての出石城城下町。城下町として整備された
町割が
碁盤の目状であることなどから、但馬の小京都と呼ばれている。豊岡市出石
伝統的建造物群保存地区の名称で国の
重要伝統的建造物群保存地区として選定
されている。
 

出石城(いずしじょう)
兵庫県豊岡市出石町にあった日本の城。出石城跡。 
山名氏の最盛期、但馬国守護となった山名時義が、出石神社の北側の此隅山に、
隅山城
(このすみやまじょう)を築いた。
此隅山城は長らく山名氏の本拠であったが、
1569年永禄12)の織田軍の羽柴秀吉
による但馬遠征で落城した。一旦山名祐豊は城を失ったが、今井宗久の仲介によって
織田と和睦することができ領地に復帰した。

1574年天正2)、祐豊は標高321mの有子山山頂を天守とする有子山城(ありこやま
じょう)を築き、本拠を移した。
麓には下館も築かれ小城下町の体を成した。しかし、
毛利氏方についたため、1580年
(天正8)、羽柴秀吉による第二次但馬征伐で有子山城も落城、但馬国山名氏は滅亡
した。
有子山城は、しばらく城代の時代が続いたが、1585年(天正13)から前野長康
1595年文禄4)から小出吉政が城主を務めた。関ヶ原の戦いにおいて、小出氏は
家名存続のため、吉政が西軍、弟・秀家は東軍に分かれて戦ったが、秀家の功績に
より、吉政の西軍への加担の責任は問われず、出石の領土は安堵された。


          フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


明治期に建設された現存する最古の芝居小屋
 

出石永楽館は、明治34年に開館し、歌舞伎をはじめ新派劇や寄席などが上
演され、但馬の大衆文化の中心として大変栄えました。時代と共に映画上映
が中心となり、やがてテレビの普及や娯楽の多様化などにより昭和39年に閉
館しました。
その後、時は流れ、往時の永楽館を懐かしむ声があがるようになり、約20年
の復元に向けた活動により、平成20年に大改修なされ、44年の時を経て
永楽館は蘇りました。 
8月1日から5日まで、先月復原された出石永楽館で柿落大歌舞伎を開催
しました。最初の演目の「操り三番叟(さんばそう)」では、スポットライトに照
らされた舞台の上で、歌舞伎俳優の片岡愛之助さんが飛び跳ねたり、くる
くる回ったり、操り人形のような動きを披露し、観客を釘付けに。第2幕では、
愛之助さんと共演の片岡秀太郎さん、中村壱太郎さんの3人が復原を祝
って「口上」を述べ、出石や城崎温泉などの地元の話で観客の気持ちを引
き付けていました。

                  トップペ-ジへ