紅葉・黄葉(こうよう)車窓より

もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象

のこと。ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と
呼ぶ場合もある。
 一般に落葉樹のものが有名であり、秋に一斉に紅葉する様は観光の対象とも
される。カエデ科の数種を特にモミジと呼ぶことが多いが、実際に紅葉が鮮やか
な木の代表種である。
狭義には、赤色に変わるのを「紅葉(こうよう)」、黄色に変わるのを「黄葉(こうよう、
おうよう)」、褐色に変わるのを「褐葉(かつよう)」と呼ぶが、これらを厳密に区別
するのが困難な場合も多く、いずれも「紅葉」として扱われることが多い。
また、同じ種類の木でも、生育条件や個体差によって、赤くなったり黄色くなった
りすることがある。葉が何のために色づくのかについては、植物学的には葉の老
化反応の一部と考えられている。
なお、常緑樹も紅葉するものがあるが、緑の葉と一緒の時期であったり、時期が
そろわなかったりするため、目立たない。
ホルトノキは、常に少数の葉が赤く色づくのが見分けの目安になっている。
また、秋になると草や低木の葉も紅葉し、それらを総称して「草紅葉(くさもみじ)」
ということがある。
日本における紅葉は、9月頃から北海道の大雪山を手始めに始まり、徐々に南下
する。紅葉の見頃の推移を桜前線と対比して「紅葉前線」と呼ぶ。
紅葉が始まってから完了するまでは約1か月かかる。
見頃は開始後20〜25日程度で、時期は北海道と東北地方が10月、関東から
九州では11月から12月初め頃まで。ただし、山間部や内陸では朝晩の冷え込
みが起こりやすいために、通常これより早い。

普段、葉が緑色に見えるのはクロロフィルが含まれるからである。秋になり日照時間
が短くなるとクロロフィルが分解される。これは植物学的には葉の老化反応と考えられ
ている。夏の間、葉ではクロロフィルが光を吸収して活発に光合成が行われる。
落葉樹の葉では、気象条件が光合成に適さない冬を迎える前に老化反応が起こる。
この過程では光合成の装置などが分解されて、葉に蓄えられた栄養が幹へと回収される。
翌年の春にこの栄養は再利用される。栄養が十分に回収された葉では、植物ホルモン
の1つエチレンの働きによって葉柄の付け根に離層ができ、枝から切り離される。
これによって、無駄な水分やエネルギーが冬の間に消費されるのを防ぐことができる。
植物の葉は「カロテノイド」色素などを使って光の害から自分自身を守る仕組みを備え
ているが、葉の老化過程ではカロテノイドを含む様々な分子が分解されるため、この
過程を進める間も光による害から葉を守る必要がある。
「葉柄の付け根に離層ができ、葉で作られた糖類やアミノ酸類が葉に蓄積し、その糖
から新たな色素が作られる」とする俗説は誤りである。

紅葉、黄葉、褐葉の違いは、植物によってそれぞれの色素を作り出す能力の違いと、
気温、水湿、紫外線などの自然条件の作用による酵素作用発現の違いが、複雑に
からみあって起こる現象とされる。
      フリー百科事典『ウィキペディア(W ikipedia)』より
                   
                  
トップペ-ジへ