醍醐寺1(だいごじ) 

京都府京都市伏見区醍醐東大路町にある仏教寺院、真言宗醍醐派総本山で、
山号を醍醐山(深雪山とも)と称する。
本尊は薬師如来、開基(創立者)は理源大師聖宝である。古都京都の文化財と
して世界遺産に登録されている。京都市街の南東に広がる醍醐山(笠取山)に
200万坪以上の広大な境内を持つ。
豊臣秀吉による「醍醐の花見」の行われた地としても知られている。
 
平安時代初期の創建。貞観16年(874年)、空海の孫弟子にあたる理源大師聖宝
が准胝観音並びに如意輪観音を笠取山頂上に迎えて開山し、聖宝は同山頂付近
を「醍醐山」と名付けた。醍醐とは、『大般涅槃経』などの仏典に尊い教えの比喩と
して登場する乳製品である。
醍醐寺は山深い醍醐山頂上一帯(上醍醐)を中心に、多くの修験�の霊場として発展
した。後に醍醐天皇が醍醐寺を自らの祈願寺とすると共に手厚い庇護を与え、その圧
倒的な財力によって醍醐山麓の広大な平地に大伽藍「下醍醐」が発展することになる。
その後、室町時代の応仁の乱など戦乱で下醍醐は荒廃し、五重塔のみが残された。
しかし豊臣秀吉による「醍醐の花見」をきっかけに、紀州などから寺院建築が移築され
たり三宝院が建設されたりなどし、今日の姿となった。
平安時代初期の創建。貞観16年(874年)、空海の孫弟子にあたる理源大師聖宝が
准胝観音並びに如意輪観音を笠取山頂上に迎えて開山し、聖宝は同山頂付近を
「醍醐山」と名付けた。醍醐とは、『大般涅槃経』などの仏典に尊い教えの比喩として
登場する乳製品である。
 

醍醐寺は山深い醍醐山頂上一帯(上醍醐)を中心に、多くの修験�の霊場として発展
した。後に醍醐天皇が醍醐寺を自らの祈願寺とすると共に手厚い庇護を与え、その圧倒
的な財力によって醍醐山麓の広大な平地に大伽藍「下醍醐」が発展することになる。

              フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

                
                 トップペ-ジへ