日吉ダム(ひよしダム) 

京都府南丹市日吉町中地先、淀川の主要支川の一つである桂川中流部に位置
するダムである。
1999年日本建築学会賞業績賞受賞(周辺整備)、2003年土木学会デザイン賞受賞。

淀川水系の河川総合開発は戦後1953年(昭和28年)流域に多大な被害を齎した
台風13号により、本格的な整備が進められた。
既に1949年(昭和24年)より経済安定本部を中心に策定した「河川改訂改修計画」
を土台に、1954年(昭和29年)「淀川水系改訂基本計画」が策定されこの中で初めて
多目的ダムによる洪水調節が企図された。この計画に基づいて瀬田川洗堰改築・
天ヶ瀬ダム(淀川)、高山ダム(計画当時は月ヶ瀬ダム。名張川)、室生ダム(計画当時
は宇陀川ダム。宇陀川)が計画・建設された。

その後洪水調節に加え関西圏の人口増加に伴う水需要の逼迫に対応する為、1962年
(昭和37年)に淀川水系は「水資源開発促進法」に基づく「淀川水系水資源開発基本
計画」が策定された。
この中で水資源開発公団(現・水資源機構)によって青蓮寺ダム(青蓮寺川)や布目ダム
(布目川)が計画・建設された。
こうして淀川水系の総合開発は整備されていくが淀川・木津川と並ぶ主要支川である
桂川に関しては、1961年(昭和36年)に当時の京都府船井郡園部町と同郡日吉町の
町境地先に「淀川水系改訂基本計画」に基づくダム計画が持ち上がった。

当時は「宮村ダム」と呼ばれていたこのダム計画こそ、後の日吉ダム事業である。
桂川は中流部に保津峡(この辺りは保津川と別称される)があり川下りや嵐山等といった
風光明媚な観光地として多くの観光客が訪れる京都を代表する観光地であるが、治水
の観点からは極めて問題な地形であった。
保津峡で川幅が狭くなるために洪水流下能力が著しく阻害され、上流の亀岡市や南丹
市は大雨が降ると容易に湛水するさながら天然の遊水地状態になる。これは天竜川に
おける天竜峡と飯田市の地理関係に良く似ており、古来より亀岡盆地は水害の被害を
度々受けていた。堤防建設や浚渫では限界が出てきており、宅地化の進行でこれ以上
の河川改修は補償の観点から難しく、抜本的な治水対策が叫ばれる一方で関西圏
地域の人口急増に伴い水需要も引き続き急増していた。

 

1971年(昭和46年)、建設省(現・国土交通省近畿地方整備局)は「淀川水系工事実
施基本計画」を策定し、伊勢湾台風出水以来の洪水流量の改訂を実施した。
これに伴い洪水調節を強化するため比奈知ダム(名張川)等の建設が計画されたが、
桂川流域においてもダムによる洪水調節が求められた。
当初「宮村ダム」として計画されていた日吉ダムはこの時に本格的なダム事業として基
本計画に入った。水資源開発公団は「淀川水系水資源開発基本計画」の変更を行い、
「水資源開発公団法」に基づく多目的ダムとして建設を同年より計画した。
 
ダムの型式は重力式コンクリートダム、高さは67.4m。洪水調節、不特定利水(桂川の
河川流量を維持し、河川環境を守る)、京都府・大阪府・伊丹市・尼崎市・西宮市・
芦屋市・神戸市への上水道供給を目的とし、計画発表から25年後の1997年(平成9年)
に完成した。

      
フリー百科事典『ウィキペディア(W ikipedia)』より

         エレベーターで地下の展示場へ
                   
                  
トップペ-ジへ