円山公園(まるやまこうえん) 

京都府京都市東山区にある公園。国の名勝に指定されている。
園域は八坂神社、知恩院に隣接する。圓山公園とも表記される。「祇園枝垂桜」
に代表される桜の名所である。

明治維新までは八坂神社(当時は祇園感神院)や慈円山安養寺、長楽寺、雙林
寺(双林寺)の境内の一部であった。
明治初年の廃仏毀釈の一環として、1871年(明治4年)に上知令によって土地が
政府に没収され、1886年(明治19年)に総面積約9万平方メートルの公園が設け
られた。1887年(明治20年)には京都市へ移管され京都市初の都市公園となった。
園地計画は武田五一がまとめた。人工鉱泉療養所や貸席がたちならび歓楽境を
なしていたが、火災で焼失したあと1912年(大正元年)に小川治兵衛により池泉
回遊式の日本庭園が作庭され現在の形となった。
1927年(昭和2年)に開堂した円山公園音楽堂は約3,000人を収容可能な屋外
ホールとして利用されている。料亭や茶店、旧自由党員・今幡西衛らの尽力に
よって建てられた坂本龍馬と中岡慎太郎の銅像などもある。
雙林寺、西行庵(さいぎょうあん)、芭蕉庵、などの旧跡も多い。過去には乗馬場
もあったが現在は廃止されている。
円山公園の枝垂桜は「一重白彼岸枝垂桜」(ひとえしろひがんしだれざくら)と
いう品種で、初代の枝垂桜は1947年(昭和22年)に枯死したため、現在は2代目
が植えられている。
花見のシーズンにはライトアップが行われ、深夜でも花見客の姿が見られる。
しかし、カラスが生ゴミを狙って枝垂桜の枝に止まるため小枝が折れたり、糞害
によってダメージを受け花の咲かない枝が生じることが問題となっており、「京都
新聞」にも掲載された。


              フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

                
                 トップペ-ジへ