元離宮二條城3 (にじょうじょう) 

正式名称元離宮二條城(もとりきゅうにじょうじょう)は京都市二條通堀川西入
二條城町にある江戸時代に造営された日本の城である。京都市街の中にある
平城で、後述する足利氏、織田氏、豊臣氏、徳川氏によるものがあるが、現在
見られるものは徳川氏によるものである。
また、後の近代において二條城は京都府の府庁や皇室の離宮として使用された。
城内全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿(6棟)が国宝に、22棟
の建造物と二の丸御殿の障壁画計1016面が重要文化財に、二の丸御殿庭園
が特別名勝に指定されている。さらに1994年(平成6年)にはユネスコの世界
遺産(世界文化遺産)に「古都京都の文化財」として登録されている。
 

徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府
の始まりと終わりの場所でもある。
また、後の近代においては大正天皇即位の儀式である大典の饗宴場として使用
された場所となった。
日本の歴史書において「二條城」と呼ばれることのあるものは複数ある。
当時の二條大路は朱雀大路が廃れた後、都一の大路であり、足利尊氏から義満
まで3代の将軍が二條に屋敷を構えたため、将軍家の屋敷を「二條陣」または
「二條城」といった。室町時代に平安京の左京にあった唯一の城である。
ちなみに右京にも唯一、「西院城(さいのしろ)」があった。二條城と西院城を
平安京の両城ともいう。
 
室町幕府13代将軍足利義輝の居城。「二條御所武衛陣の御構え」。 

室町幕府15代将軍足利義昭の居城として、織田信長によって作られた城。
二條通からは遠く離れていた。ただし平安京条坊制の「二条」(二条大路と中御門
大路(現椹木通)に挟まれた地域)には城域の南部分がわずかに含まれる。
義輝の「二條御所」とともに「二条」の名を冠して呼ばれるのはこのためと考えられる。
 

織田信長が京に滞在中の宿所として整備し、後に皇太子に献上した邸「二條新御所」。
二条通にも面さず条坊制の二条にも属していない。二條家の屋敷跡に設けられたため
の呼称と考えられる。
 徳川家康が京都の守護及び上洛時の宿所として造営した城。
後の近代には宮内省の所管となり「二條離宮」となる。


              フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


           天守閣跡から見た城内


                
                 トップペ-ジへ