伊勢神宮 内宮 

伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。なお「伊勢神宮」とは
通称であり、正式名称は地名の付かない「神宫(じんぐう)」。他の神宮と区別
するため「伊勢の神宮」と呼ぶこともあり、親しみを込めて「お伊勢さん」
「大神宮さん」とも称される。神社本庁の本宗(ほんそう)である。
二十二社(上七社)の一社。また、神階が授与されたことのない神社の一つ。
古代においては宇佐神宮、中世においては石清水八幡宮と共に二所宗廟
のひとつとされた。明治時代から太平洋戦争前までの近代社格制度において
は、全ての神社の上に位置する神社として社格の対象外とされた。
伊勢神宮には、「太陽」を神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る
皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの
正宮があり、一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)
と呼ばれる。内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみ参拝の人が多
いが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされている。
広義には、別宮(べつぐう)、摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)、所管社
(しょかんしゃ)を含めた、合計125の社宮を「神宮」と総称する。
この場合、所在地は三重県内の4市2郡に分布する(後述)。
伊勢神宮は皇室の氏神である天照坐皇大御神を祀るため、歴史的に皇室・
朝廷の権威との結びつきが強く、現代でも内閣総理大臣及び農林水産大臣
が年始に参拝することが慣例となっている。
また、式年遷宮が20年に一度行われる(遷御#メディアによる報道)。
祭主は今上天皇第一皇女黒田清子、大宮司は小松旧侯爵家当主小松揮世久。

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


                 内宮 (正宮)

                
                 トップペ-ジへ