水引 1 (みずひき)
祝儀や不祝儀の際に用いられる飾りで贈答品の包み紙などにかける紅白や黒白
などの帯紐。贈答品や封筒に付けられる飾り紐のことで、その形や色により様々な
使い分けを行う。もしくは、飾り紐などに使われる紐。また飾り紐としてだけでなく、
鶴や船などの置物や髪飾りとしても使用される。
その起源は定かではないが、室町時代の日明貿易において明からの輸入品の箱
全てに赤と白の縄が縛り付けられており、この縄は明側が輸出用の品を他と区別
するために使用していたに過ぎなかったが、日本側がこの縄を贈答に使用する習慣
と誤解し、以後の日本で贈答品に赤と白の紐をかけるようになったという説や、航海
の無事を祈ったり海賊から守るための魔除けとして縄に塗った黒色毒が解くと赤色に
変色したという説などがある。
また宮廷への献上品には紅白の麻の紐で結ぶ習慣があった。 室町時代後期になる
と麻の紐の代わりに紙縒に糊水を引いて乾かして固め、紅白あるいは金銀に染め分
けた紙糸が使用されるようになった。
水引は未開封であるという封印の意味や魔除けの意味、人と人を結び付けるという
意味あいがあり、水引結びは引けば引くほど強く結ばれるものが多い。いわゆる日本
の贈答ラッピングである水引は、西洋のラッピングやリボンのように解く事を前提とした
ものとは意味合いが異なる。
品物を包む和紙の折型や水引の結び方と表書きの書き方によって用途を使い分ける。

     フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


                   トップペ-ジへ