天竜峡 1 (てんりゅうきょう)

長野県飯田市にある天竜川の峡谷。国の名勝に指定されており、また
天竜奥三河国定公園の一部となっている。
竜の字を旧字とした天龍峡と記述されることもある

暴れ川と言われた天竜川が切り開いた絶壁が続く渓谷である。
花崗岩の岸壁にはアカマツやモミジが自生し、新緑や紅葉が見事で、
その風光明媚な景色は観光客にも好評である。天竜峡温泉もある。

天竜峡の命名は、漢学者の阪谷朗廬によるものである。阪谷は弘化4
1847年)に当地を訪れている。
右岸側の高台には、朗廬の天竜峡碑(漢文)が建立されている。

1882年(明治15年)には、当地の蘭方医で文人としても知られた関島
良致(関島松泉)の招請を受け、書道家の日下部鳴鶴が天竜峡の10
の奇岩を選定し天竜峡十勝とした。
これらの岩は上流より以下のように命名され、それぞれに鳴鶴自筆の
銘が彫られている。

1927年(昭和2年)、東京日日新聞などによる日本新八景の選定に際
しては、渓谷部門の読者投票で313万票を得て1位になったが、審査員
による最終選考からは漏れた。これに憤慨し、飯田地方では東京日日
新聞の不買運動が起きたと言われている。
八景には漏れたものの、日本二十五勝には選定された。

1934年(昭和9年)には国の名勝となり、市丸の新民謡『天竜下れば』
のヒットと合わせて多くの観光客を集めた。

しかし天竜峡付近はもともと狭隘で土砂を溜めやすかったため、河床が
上昇し十勝の一部は水面下に沈んだり砂に埋もれるなどした(これには
下流にある泰阜ダムの設置が影響しているといった見解もある)。
その後、1984年から天竜峡下流側で川底からの砂利採取を継続的に
行うことで、河床が低下し景観がある程度回復した(たとえば、芙蓉峒の
文字のうち「芙蓉」までが水面上に現れるようになった)。

1969年には近隣地域とともに天竜奥三河国定公園に指定された。
1975
年には中央自動車道の飯田インターチェンジが供用開始され、
1977年の昼神温泉湧出とあわせ、天竜峡を訪れる観光客も増加した。
1989
年の天竜峡温泉湧出により、観光客は60万人にも達したが、その
後は低迷している。

     フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


                   トップペ-ジへ