ゴジラ 1 

日本の東宝が1954年(昭和29年)に公開した特撮怪獣映画『ゴジラ』に始まる
一連のシリーズ作品及び、それらの作品に登場する架空の怪獣の名称である。
これら一連のシリーズ作品のことを「ゴジラ映画」と呼ぶこともある。

1954年に第1作が公開されて以降、半世紀以上に亘って製作されている怪獣
映画。
演技者がぬいぐるみ(着ぐるみ)に入って演じる手法を主体としており、この手法
は以後、日本の特撮映画やテレビ特撮番組の主流となった。
怪獣や怪獣同士の格闘のみならず、逃げ回る住民や攻防する軍隊等の周辺の
人間描写も毎回描かれ好評を得ている。日本のみならず海外でも上映されて人気
を呼び、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに日本のキャラクターとしては唯一の
例として登録されている。
その外形は地面から垂直姿勢で立つ姿に復元された大型獣脚類恐竜に似ており、
怪獣の代名詞的存在である。日本のみならず、世界各国で高い人気を有する。
最初の異名は水爆大怪獣( すいばくだいかいじゅう ) で、のちに 怪獣王
( かいじゅうおう ) と呼ばれるのが一般的となった。
日本国外では King of Monsters 。 ラドン や モスラ と並び、「東宝三大怪獣」
と称される。
 『広辞苑』にその名が載っている唯一の日本の怪獣である。

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

名古屋のオアシス21」「で「ゴジラ」の開催されたたものを撮影ししました。


                
                 トップペ-ジへ