中村公園(なかむらこうえん)

愛知県名古屋市中村区にある公園

豊国神社一の鳥居として昭和四年の建立、高さ24mの日本一の大鳥居は
中村区のランドマークです。

大鳥居をくぐると中村公園。豊国神社(祭神:豊臣秀吉)と秀吉・清正記念館。
東隣には二人の生誕地、常泉寺・妙行寺があります。

豊国神社の拝殿と本殿を中心として、複数の池や児童向けの遊具などに加えて、
豊臣秀吉に関する石碑・銅像が配され、明治43(1910)11に明宮嘉仁親王
(後の
大正天皇)が来名した際に植えた大正天皇御手植松がある。
また、公園の一角には「
中村公園文化プラザ」が建ち、名古屋競輪場とも隣接する。

              百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
    豊臣秀吉にちなんで瓢箪型の水出口
豊国神社 明治18年(1885)豊臣秀吉を祭神として創建

    日吉丸となかまたちの像

ハ             
キキキキキキキキキキキキキキキトップペ-ジへ