加藤 清正(かとう きよまさ)

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名肥後国熊本藩初代藩主。
別名虎之助(とらのすけ)

豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍七将の一人である。その後も各地
を転戦して武功を挙げ、肥後北半国を与えられた。秀吉没後は
徳川氏の家臣となり、
関ヶ原の戦いの働きによって肥後国一国を与えられ、熊本藩主となった。
明治43年(1910)に従三位を追贈されている。

永禄5(1562)624日、刀鍛冶の加藤清忠の子として尾張国愛知郡中村
(現在の
名古屋市中村区)に生まれる。母は鍛冶屋清兵衛の娘・伊都。父が清正
の幼いときに死去したため、母とともに津島に移る。母が
羽柴秀吉の生母である
大政所
の従姉妹(あるいは遠縁の親戚)であったことから、天正元年(1573年)、
近江長浜城主となったばかりの秀吉に小姓として仕え、天正4年(1576)に
170
石を与えられた。清正は秀吉の親戚として将来を期待され、秀吉に可愛が
られた。清正もこれに応え、生涯忠義を尽くし続けた。

近江の守護大名佐々木氏の一族で近江の名門の山崎片家の娘を娶り正室とする。

天正10(1582年)414日、中国経略中の秀吉が冠山城を攻めたとき、清正は
城に一番乗りを果たして奮闘し、
竹井将監という豪の者を討ち取っている。

天正10(1582)、本能寺の変が起こると、清正は秀吉に従って山崎の戦い
参加した。翌年の
賤ヶ岳の戦いでは敵将・山路正国を討ち取るという武功を挙げ、
秀吉より「賤ヶ岳の七本槍」の一人として3,000石の所領を与えられた。

天正13(1585)7月、秀吉が関白に就任すると同時に従五位下主計頭
叙任する。

天正14年(1586)からは秀吉の九州征伐に従い、肥後国領主となった佐々成政
が失政により改易されると、これに替わって肥後北半国195,000石を与えられ、
熊本城を居城とした。このとき、肥後半国と讃岐国とどちらかを選べと言われ、来る
べき「唐入り」の先鋒となるために肥後を選んだという。肥後における治績は良好で、
田麦を特産品化し
南蛮貿易の決済に当てるなど、世に知られた治水以外に商業
政策でも優れた手腕を発揮した。

八幡社

中村公園に隣接する妙行寺の地で生まれたと伝えられる加藤清正が、出陣
の際に必勝祈願をしたとされるが、その一方で
名古屋城築城の際に清正が
この社の大木を伐採したとも言い伝えられている。

公園内にある この神社(八幡社)は、加藤清正ゆかりの神社なのです。

社伝によると、加藤清正が出陣する時、武運長久を祈願しました。

また、名古屋城天守閣を築く時、境内にあった楠を棟木に使ったとか。

清正生誕地とされる妙行寺は、中村公園の隣。

清正にしてみれば、幼なじみの神社だったんでしょうね。

              百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


妙行寺(みょうぎょうじ)
愛知県名古屋市中村区
にある日蓮宗寺院山号は正悦山。本尊は、法華三法。
日蓮宗の信者で武将の藤清正の出生地と伝えられている。旧本山は大本山
圀寺
(
六条門流)。達師法縁。
この寺の創建については不詳であるが、もとは「本行寺」と号する真言宗寺院で、
1294(永仁2年)に日蓮宗に改宗されたという。その後、火災により焼失したが、
時を経て「妙行寺」として再建される。
加藤清正名古屋城築城の際に、その余材を使って「妙行寺」を自分の生誕地に
移築・再建した。
1960年、境内に清正の銅像が建てられた。
              百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

     加藤 清正公誕生之霊地  妙行寺

        加藤 清正公像

ハ             
キキキキキキキキキキキキキキ トップペ-ジへ