木曽の山々の歴史と赤沢自然休養林

木曽のひのきは、平安時代から広く知られ、安土桃山時代には伏見城などの
城を建てる材料として利用されるようになりました。

江戸時代になると各地で城下町が繁栄するようになり、木曽の山々から木々が
大量に切り出され、使われるようになりました。その結果、木曽の山は大変荒れ、
木々も少なくなりました。そこで、木曽の山を管理していた尾張藩は『木一本、
首一つ』という厳しいおふれを出して山の木を守り始めました。その甲斐があっ
て、自然に芽生えた木々が生い茂る木曽の山々が蘇りました。明治時代から
木曽の山々の大部分は御科林
」と呼ばれる皇室の財産となり、太平洋戦争
後は「国有林として管理されています。

戦後の復興と経済成長により再び木々が大量に切られるようになりましたが、上
松町の赤沢地域は『林木遺伝資源保存林jF植物群落保護林』に指定され保護
されています。また、赤沢地域は昭和44年に日本で最初の『自然休養林』に指定
され、昭和57年には「第1回全
国森林浴大会』が開催され、『森林浴発祥の地』と
しても知られています

昭和62年には『森林鉄道』が再び走りだし、平成8年には、車椅子に乗ったまま
で利用できる車両や遊歩道『ふれあいの道jが整備され、からだの不自由な方か
らご年配の方まで、どなたでも気軽に森林浴が楽しめる休養林として年々訪れる
方が増えています。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


 トップペ−ジへ