日光東照宮 1(にっこうとうしょうぐう)

日本関東地方北部、栃木県日光市に所在する神社江戸幕府初代将軍・
徳川家康
神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を祀る。日本全国
東照宮の総本社的存在である。正式名称は地名等を冠称しない「東照宮
であるが、他の東照宮との区別のために、「日光東照宮」と呼ばれることが多い。

東国の精神的中心としての歴史は徳川氏東照宮よりも遥かに早く、遅くとも
源義朝による日光山造営までさかのぼり得る。さらに、源頼朝がその母方の熱
田大宮司家の出身者を
別当に据えて以来、鎌倉幕府関東公方後北条氏
の歴代を通じて東国の宗教的権威の一中心であり続けた。
徳川氏の東照宮造営はこの歴史を巧みに利用したと考えられる。

元和24月17(16166月1)徳川家康駿府(現在の静岡)で死去した。
遺命によって遺骸はただちに駿河国久能山に葬られ、同年中に久能山東
照宮
の完成を見たが、翌・元和3年(1617)下野国日光に改葬された。
同年4月に社殿が完成し(
作事奉行藤堂高虎が務めた)朝廷から東照大
権現の神号と
正一位位階の追贈を受け、48日(512日)に奥院廟塔に
改葬され、417日(521日)に遷座祭が行われた。なお、改葬の際、
吉田神
山王神道のどちらで祀るかで論争となったが、天海が主張した山王一実
神道
が採用され、薬師如来本地仏とする神仏習合によって祀られることに
なった。

寛永11年(1634)には、9月(9月か10月)に3代将軍・徳川家光日光社参し、
今日見られる荘厳な社殿への大規模改築、すなわち寛永の大造替が、寛永
13
年(
1636)の21年神忌に向けて着手される。総奉行(日光造営奉行)は
秋元泰朝、作事奉行は藤堂高虎、そして普請は、江戸はもとより大阪から
も集められた
宮大工たちが、作事方大棟梁・甲良宗広一門の指揮の下で務
めた。この年には
江戸に来訪した朝鮮通信使対馬藩主・宗氏の要請で日
参詣を行っており、将軍家の政治的威光にも利用されている。正保2
(
1645)に朝廷から宮号が授与されて東照社から東照宮に改称した。国家
守護の「日本之神」として、翌年の例祭からは朝廷からの
奉幣が恒例となり、
奉幣使
(日光例幣使)が派遣された。

家康が日光に祀られることになったのは、家康本人の遺言からである。家康は
遺言中に「遺体は久能山に納め、(中略)一周忌が過ぎたならば、
日光山に小
さな堂を建てて
勧請し、「神として祀ること。そして、八州鎮守となろう」と述べ
ている。家康が目指した「八州の鎮守」とは、「日本全土の平和の守り神」である。
家康は、不動の
北辰(北極星)の位置から徳川幕府の安泰と日本の恒久平和を
守ろうとしたのである。

明治元年1869)の神仏分離により、日光は神社の東照宮・二荒山神社
寺院
輪王寺の二社一寺の形式に分立した。現在でも、一部の施設につい
て東照宮と輪王寺の間で帰属について係争中のものがある。

1873
(明治6年)に別格官幣社に列せられ、第二次世界大戦後は神社本
別表神社となっていたが、1985(昭和60年)に神社本庁を離れて単立
神社
となった。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

           石鳥居 (重要文化財)

        表門 両側に仁王門が安置されている

               仁王門

五重塔 「慶安3年(1650)若狭小浜藩主・酒井忠勝の奉納。高さ35m。
吊られた心柱により高層建築の振動を調整する工夫がされている」とあります。
その後、文化12年(1815)に火災により焼失し文政元年に酒井忠近が再建。
五重塔は三間四面の五重塔婆で朱色を基調とし金物を金、組物、彫刻を極
彩色で彩る豪勢な造りで東照宮入口に相応しい姿をもっています。
日光東照宮五重塔は国指定重要文化財に指定されています。


       フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


三神庫 外部は校倉づくり摸したものであり内部には百物揃千人行列
     と呼ばれる渡御祭奉仕者の装束1.200人分が収められている

三神庫 外部は校倉造を模したものであり内部には百物揃千人行列
と呼ばれる壮大な渡御祭奉仕者の装束1200人分がおさめられている
               
               トップペ-ジへ